念願の新築一戸建ての住まいを購入!?分譲地の関連情報について分かりやすくご紹介

当サイトでは念願の新築一戸建ての住まいを購入したい人におすすめの、分譲地の関連情報について分かりやすくご紹介しています。
どのような場所にある家を手に入れるか迷っている場合に役立つ可能性があります。
分譲されている土地は、生活インフラが整っていて住宅地としての質が高いのが魅力です。
入居後はすぐに快適な暮らしを始めることができるでしょう。
分譲されている土地に建てられた住宅のことは分譲住宅と呼ばれています。

念願の新築一戸建ての住まいを購入!?分譲地の関連情報について分かりやすくご紹介

分譲地の新築一戸建ての購入を検討しているという人もいるのではないでしょうか。
宅地用に区画整理されている分譲地は、質が良い土地を低コストで手に入れられるというメリットがあります。
景観の綺麗な街並みがある場合も多いです。
売れ残った場合は、相場よりも安く手に入れられる可能性があります。
一般的に角地は価格が高めとなる傾向があるほか人気も高いです。
とはいえ角地はプライバシーが気になることがあるほか、交通事故対策が必要になる場合もあります。

注文住宅の家づくりに選びたい人が多い分譲地とは?

最近は土地価格が高騰化している関係から、広い面積ではそのままで売ることが難しいため買い上げた不動産はいくつかの区画に分割して、そこに家を建築した建売住宅で販売するケースが多くなっています。
この場合は、土地と建物をセットにした形で販売が行われるもので建売住宅や分譲住宅などのように呼ばれます。
分譲地は、複数の区画に分割して販売を行うときの土地および不動産の総称であり分譲地などからも土地の実を販売することもあるけれども、分譲住宅などのように建物とセットにしている売る場合と建築条件付きなどで住宅を建設する施工会社をしていた形で売り出しが行われるなど様々です。
注文住宅の家づくりなどで分譲地を探す場合は、建築条件付きには注意が必要です。
この場合は、家を建築するハウスメーカーや工務店など施工会社が決まっているので、自分たちで決めている会社に家を建てて貰うことができません。
さらに、家がセットになっている分譲地も同じなどからも種類についての把握が大切です。

分譲地と宅地の違いを分かりやすく解説

分譲地は、面積が大きな土地を不動産会社が区画整理を行ってから住宅を建築するための用地として小分けにして販売している土地を指します。
ただし、分譲地は建物を建設して売り出す分譲住宅や建築条件を設けて販売するケースも含まれます。
例えば、200坪の不動産があるとき、1坪当たりの単価が80万円とした場合には1億6,000万円の費用が必要になります。
これに家を建築するための費用が別途必要になるわけですから、大きな物件は手が出せないケースは多いといえます。
その点、区画整理を行ったことで1つ当たりの物件価格は分割した分だけで抑える効果を期待できるわけですから、購入のしやすさが生まれます。
なお、宅地と分譲地が混同されることがあるのですが、これは土地の用途でもある地目の一種で建物の敷地およびその維持や効用を果たすために欠かせないなどの定義が行われているもので、分譲地の場合は既に地目が宅地に変更されていて直ぐに家を建てることができる状態になっているなどの違いがあります。

分譲地の中には田畑や山林などの土地を地目変更しているケースもある

分譲地および宅地は住宅を建設するための土地といった共通点がありますが、土地の特徴・状態・制限などで違いがあることをご存知でしょうか。
高齢化に伴い田畑を売却してそこに家を建築するための用地にするとき、家を建築することができるのは土地の用途が宅地になっている必要があるので、そのままでは家を建てることはできません。
この場合は、田畑から宅地への地目変更を行うことで住宅を作ることができるようになりますが、分譲地の中には元々山林だった場所なども含まれるのが特徴です。
田んぼや畑などで利用していた場所は、地盤が緩いなどの理由から土地改良が必要になることも珍しいことではありません。
畑や山林などの地目になっている物件を購入して建築するときには、自ら地盤調査や地盤改良などを専門業者に依頼しなければなりませんが、分譲地の場合はこれらの作業が全て完了しているため土地を購入することで直ぐに家を建てることができるメリットもあります。

区画整理を行って販売している土地が分譲地になるので一つの街を形成するスタイルもある

200坪や300坪、それ以上の面積の土地はそのままの状態ではあまりにもコストが高すぎて販売しても売れる可能性は非常に低くなりがちです。
元々、山林や田畑などで利用していたケースやその地域での地主さんなどが売却すると面積が広い物件が多いので不動産会社はそれを仕入れた後に複数の区画を作って土地のみ、建物を建設、建築条件付きなどのいずれかのスタイルで売り出すことになります。
元の土地面積が500坪で、1つあたりの面積が50坪にするときには10個分の区画を作ることができます。
このとき、分譲地に分譲住宅の形で家を建設すると、住宅の印象などは類似していることから一つの街が形成されるなどの特徴にも繋がります。
同じような家が並んでいるとそこだけ一つの街らしさをアピールできるメリットがあるわけですが、これができるのは分譲地が区画整理により作り出される不動産などの理由があります。
また、分譲地は更地の状態で売り出されることもありますが、生活インフラが整備されているので直ぐに家を建築できるなどのメリットを持ちます。

分譲地に関する情報サイト
分譲地の関連情報

当サイトでは念願の新築一戸建ての住まいを購入したい人におすすめの、分譲地の関連情報について分かりやすくご紹介しています。どのような場所にある家を手に入れるか迷っている場合に役立つ可能性があります。分譲されている土地は、生活インフラが整っていて住宅地としての質が高いのが魅力です。入居後はすぐに快適な暮らしを始めることができるでしょう。分譲されている土地に建てられた住宅のことは分譲住宅と呼ばれています。

Search